【侍ジャパン】鈴木誠也”3戦連続弾で口火”「結果的にホームランになってよかった」(20191111)

「日本3-2オーストラリア」(11日、ZOZOマリン)

11日、ZOZOマリンで【プレミア12】スーパーラウンド「日本-オーストラリア」が行われ、日本が「日本3-2オーストラリア」で勝利した。鈴木は1安打1打点、3試合連続ホームランを放って勝利に貢献。

鈴木「結果的にホームランになってよかった」

4回2死、鈴木が左越えへ3試合連続となるソロ本塁打を放った。

「とにかく塁に出ようと思って打席に入った。結果的にホームランになってよかった」

出典元:【侍ジャパン】4番・鈴木の3戦連続弾となるソロで反撃「結果的にホームランになってよかった」 : スポーツ報知

【本日の成績】鈴木誠也選手
3打数 1安打 1打点 1四死球 0犠打 0犠飛 0盗塁 1本塁打
左本(4回裏)、敬遠(8回裏)

鈴木は本塁打を含む3打数1安打1打点で勝利に貢献した。「日本0-2オーストラリア」の4回裏、2死から鈴木は初球を叩いてレフトスタンドへ3試合連続となるソロホームランを放って反撃の狼煙を上げた。

ブラボー!
ナイスホームラン☆

試合結果

11月11日(月) 日本 vs. オーストラリア [ZOZOマリン]

オーストラリア 001|100|000|  2
日本      000|100|11X|  3

勝利投手: 甲斐野(2勝0敗0S)
セーブ : 山崎(0勝0敗1S)
本塁打 : 鈴木 3号(4回裏ソロ)

バッテリー: 山口、田口、岸、甲斐野、山崎 – 小林、會澤

侍ジャパンは2点を追う4回裏に鈴木のソロ本塁打で反撃開始、7回裏には源田のセーフティスクイズに三塁走者・周東が反応して同点のホームを踏んだ。8回裏には2死から近藤がツーベースで出塁すると、3四球を奪い逆転に成功。投手陣は5回以降を無失点に抑え、逆転の流れを呼んだ。

Twitter でフォロー
スポンサーリンク
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

シェアする

フォローする