【侍ジャパン】鈴木誠也”先制タイムリー”「何とか打ててよかった」(20191113)

「日本3-1メキシコ」(13日、東京ドーム)

13日、東京ドームで【プレミア12】スーパーラウンド「日本-メキシコ」が行われ、日本が「日本3-1メキシコ」で勝利した。鈴木は2安打1打点、先制タイムリーを放つなど勝利に貢献。

鈴木「何とか打ててよかった」

初回2死2塁、鈴木がセンターへ先制の適時打を放った。

「チームとしても先制点が欲しい場面だったので何とか打ててよかったです」

出典元:【侍ジャパン】4番鈴木のタイムリーで先制「何とか打ててよかった」 : スポーツ報知

【本日の成績】鈴木誠也選手
4打数 2安打 1打点 0四死球 0犠打 0犠飛 0盗塁 0本塁打
中安(1回裏)、左2(5回裏)

鈴木誠也選手は4打数2安打1打点と勝利に貢献した。鈴木は、初回2死2塁からセンターへ先制のタイムリーヒットを放った。「日本3-1メキシコ」の5回裏にも先頭でツーベースを放ってチャンスメークした。

世界の誠也は、今日も大活躍。次の韓国戦でも大活躍してくれよ。かっとばせ~~、誠也☆

試合結果

10月13日(水) 日本 vs. メキシコ [東京ドーム]

メキシコ 000|100|000|  1
日本   210|000|00X|  3

勝利投手: 今永(1勝0敗0S)
セーブ : 山崎(0勝0敗2S)

バッテリー: 今永、甲斐野、山本、山崎 – 會澤

打線は初回、2死2塁から鈴木のセンターへのタイムリーヒットで先制、2死1・2塁から近藤のセンターへのタイムリーヒットで2点目を追加。2回には1死1・2塁から坂本のレフトへのタイムリーヒットで3点をリードした。

投げては先発・今永は本塁打は打たれたものの6回1安打1失点の力投。打線が中盤以降チャンスはつくるものの得点が奪えない中、中継ぎ投手陣は無安打無失点リレーで投げ勝った。