【侍ジャパン プレミア12初優勝】大会MVPは鈴木誠也、打率4割越えに3本塁打で貢献(20191117)

「日本5-3韓国」(17日、東京ドーム)

17日、東京ドームで【プレミア12】スーパーラウンド決勝戦「日本-韓国」が行われ、日本が「日本5-3韓国」で逆転勝利を決め優勝。鈴木は1安打1打点、會澤は1安打、菊池は1安打と活躍。

鈴木誠也”反撃の2塁打”

1回裏2死1塁、鈴木が左越えの適時二塁打を放って1点を返した。

 「プレミア12」決勝の韓国戦に臨んだ侍ジャパンは、4番・鈴木(広島)が反撃ののろしとなる適時二塁打を放った。

出典元:【侍ジャパン】4番・鈴木誠也が反撃ののろし! 適時二塁打で1点かえす : スポーツ報知

【本日の成績】鈴木誠也選手
4打数 1安打 1打点 0四死球 0犠打 0犠飛 0盗塁 0本塁打
左2(1回裏)

【本日の成績】會澤翼選手
2打数 1安打 0打点 1四死球 1犠打 0犠飛 0盗塁 0本塁打
四球(2回裏)、左安(4回裏)、一犠打(6回裏)

【本日の成績】菊池涼介選手
3打数 1安打 0打点 0四死球 1犠打 0犠飛 0盗塁 0本塁打
三安(2回裏)、一犠打(4回裏)

鈴木誠也選手は「4番、ライト」、會澤翼選手は「8番、キャッチャー」、菊池涼介選手は「9番、セカンド」で先発出場した。「日本0-3韓国」の1回裏、2死1塁から鈴木はレフトフェンス直撃のタイムリーツーベースヒットを放って1点を返した。

今大会で鈴木は打率.444、3本塁打、13打点、2盗塁の成績を残し、侍ジャパンの4番として優勝に大いに貢献、大会MVPに選ばれた。

[試合別成績]

11/05 ベネズエラ   4打数 1安打 0本塁打 2打点 0盗塁
11/06 プエルトリコ  3打数 1安打 1本塁打 3打点 1盗塁
11/07 台湾      4打数 3安打 1本塁打 4打点 1盗塁
11/11 オーストラリア 3打数 1安打 1本塁打 1打点 0盗塁
11/12 アメリカ    3打数 2安打 0本塁打 0打点 0盗塁
11/13 メキシコ    4打数 2安打 0本塁打 1打点 0盗塁
11/16 韓国      2打数 1安打 0本塁打 1打点 0盗塁
11/17 韓国      4打数 1安打 0本塁打 1打点 0盗塁

侍ジャパン優勝おめでとう♪

試合結果

11月17日(日) 日本 vs. 韓国 [東京ドーム]

韓国 300|000|000|  3
日本 130|000|10X|  5

勝利投手: 高橋(2勝1敗0S)
セーブ : 山崎(0勝0敗3S)
本塁打 : 山田 1号(2回裏3ラン)

バッテリー: 山口、高橋、田口、中川、甲斐野、山本、山崎 – 會澤

打線は3点を追う1回裏、2死1塁から鈴木が左越えの適時二塁打を放って反撃の狼煙を上げた。2回裏には2死1・2塁から山田の逆転3ラン本塁打、7回裏には2死3塁から浅村の適時打で加点。投げては先発・山口は制球が乱れ1回2本塁打3失点で降板、2番手の高橋礼がゲームを立て直し、その後の継投も無失点でつないだ。