SMBC日本シリーズ 第2戦 広島5-1ソフトバンク(20181029)

日本シリーズ第2戦はカープの勝利

28日、マツダスタジアムで行われた「SMBC日本シリーズ2018」第2戦は、「広島5-1ソフトバンク」で広島が勝利した。

スポンサーリンク

丸”初安打初打点”

5回1死1塁、丸が右翼線へ二塁打を放ってチャンスを広げる。

「今の打順を任されている以上、僕が打たないとチームの得点力に関わってくる」

丸が日本シリーズ2戦目にしてようやく初打点をマークし、初安打もマークした。3回には犠牲フライを放って打点をあげ、5回には右翼線に二塁打を放ってチャンメーク。この日は、ソフトバンクの柳田にも初安打が生まれた。7回にセンター前にヒットを放ってチャンメーク。

キーマンの二人にようやくヒットが出て、得点にも絡んでる。明日(30日)からのヤフオクドームでの対戦が楽しみになってきた!

SMBC日本シリーズ2018 第2戦
マツダスタジアム
広島5-1ソフトバンク

広島の機動力を封じる“甲斐キャノン”

5回1死1塁、ソフトバンク・甲斐が広島・鈴木の二盗を阻止する。

ソフトバンク・甲斐拓也捕手が、前夜に続いて強肩ぶりを発揮した。

カープはソフトバンク戦で盗塁を4回試みているが、すべて失敗。

ソフトバンク・甲斐には2度(広島:上本、鈴木)、高谷に1度(広島:野間)、けん制死が1度(広島:田中)。

それでも走り続けて欲しい。セーフになれば最高ですが、アウトになってもソフトバンクバッテリーに”走る”を印象付けられる。回や試合を重ねるごとにさらにプレッシャーは増し、そこから勝機が生まれてくるはず。ストレート主体のピッチングになってきたら、エンドランなど多種多様な攻撃を展開せよ!

”走る”というプレッシャーを与え続けるには、チャンスを増やすことが大事。四球などもきっちり選んで、1試合に2つくらいは走ってプレッシャーをかけたいところ!

今のところ2試合で4つだから、いいペース。これからも臆することなく続けて欲しい。

盗塁は封じられても、機動力は封じられない!!

スポンサーリンク
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 その他スポーツブログへ にほんブログ村 その他日記ブログへ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク