SMBC日本シリーズ 第3戦 ソフトバンク9-8広島(20181031)

第3戦はソフトバンク勝利!

30日、ヤフオクドームで行われた「SMBC日本シリーズ2018」第3戦は、「ソフトバンク9-8広島」でソフトバンクが勝利した。

スポンサーリンク

デスパイネ「こういう1本が出てうれしい」

6回裏2死1・2塁、デスパイネがライトスタンドへ3ランホームランを放った。

広島岡田の外角151キロを逆らわず右翼スタンドへたたき込んだ。「大事な場面で打てた。こういう1本が出てうれしい」と、日本シリーズでは初めての1発に会心の笑顔だ。

10月30日(火)ソフトバンク vs. 広島 3回戦 [ヤフオクドーム]

広 000|012|050|  8
ソ 000|224|10X|  9

(広は広島、ソはソフトバンク)

勝利投手: [ ソフトバンク ] ミランダ (1勝0敗0S)
敗戦投手: [ 広島 ] 九里 (0勝1敗0S)
セーブ : [ ソフトバンク ] 森 (0勝0敗1S)
本塁打 : [ 広島 ] 安部1号(5回表ソロ)、鈴木1号(6回表ソロ)、鈴木2号(8回表ソロ)、安部2号(8回表満塁)
――― : [ ソフトバンク ] デスパイネ1号(6回裏3ラン)、高谷1号(7回裏ソロ)

ソフトバンクが打撃戦を制した。4回に中村晃の適時打で先制、今宮の適時打で加点。5回には柳田の一ゴロ(1塁手:メヒアが2塁に悪送球)、デスパイネの遊ゴロの間に得点を重ね、6回には柳田の適時内野安打、デスパイネの3ラン本塁打でリードを広げ、さらに8回には高谷のソロ本塁打が飛び出し合計9点を奪った。

敗れた広島は5回に安部にソロ本塁打で1点を返し、6回には鈴木のソロ本塁打、會澤の適時打で2点を返した。8回には鈴木のソロ本塁打、安部のグランドスラムで合計8点を奪ったが、あと一歩及ばなかった。

これで、日本シリーズの対戦成績は1勝1敗1分の五分となった。

ソフトバンクはデスパイネに1発が出て、柳田にも打点がついた。広島は丸は不調だが、4番の鈴木は好調、広島打線は状態が良い。ヤフオクドームは暖かく、両チームとも打線が活発になりつつあるので、今日も打撃戦が予想される。

スポンサーリンク
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク