日米野球・第1戦「日本7-6MLBオールスター」侍ジャパン・柳田が逆転サヨナラ2ラン(20181110)

会沢がタイムリーヒットでつないで劇的サヨナラへ!

9日、東京ドームで行われた「日米野球」第1戦は、「日本7-6MLBオールスター」で日本・侍ジャパンが勝利した。

スポンサーリンク

試合結果

11月9日(金) 日本 vs. MLBオールスター 1回戦 [東京ドーム]

M 001|032|000 |  6
日 001|030|003X|  7

(MはMLBオールスター、日は日本)

侍ジャパンが逆転サヨナラ勝ち。3回には菊池の遊ゴロの間に1点をあげ同点、5回には秋山の3点適時二塁打で再び同点に。2点を追う9回裏には、會澤の適時打で1点差に追い上げ、柳田の2ラン本塁打で勝ち越した。敗れたMLBオールスターは3回にソロ、5回に3ラン、6回に2ラン本塁打を放ってパワーを見せつけた。

会沢「後ろが柳田だったので」

9回裏2死2塁、会沢がセンターへタイムリーヒットを放つ。

「後ろが柳田だったので、何とかつなごうという意識で打席に入った」

【本日の成績】会沢選手
1打数 1安打 1打点 0四死球 0犠打 0盗塁 0本塁打
中安(9回裏)

「日本4-6MLBオールスター」の9回裏、2死2塁から会沢はセンターへタイムリーヒットを放って1点差に追い上げた。なおもチャンスは続き下記へ。

柳田「最高です。ミラクル。」

9回裏2死1塁、柳田がバックスクリーンへ逆転サヨナラ2ランホームランを放つ。

「最高です。ミラクル。来た球を、当たる球をしっかり当てる。その中で自分のスイングをしようと。シンプル・イズ・ベスト!」

【本日の成績】柳田選手
3打数 1安打 2打点 2四死球 0犠打 1盗塁 1本塁打
四球(4回裏)、敬遠(5回裏)、中本(9回裏)

會澤のタイムリーヒットで1点差に追い上げた侍ジャパンは、2死1塁から柳田はカウント1ボールからの2球目をフルスイングではじき返してバックスクリーンへ、逆転サヨナラの2ランホームランを放った。

関連情報

  • 【動画】【2018日米野球】第1戦ダイジェスト – スポーツナビ「スポーツナビ」(外部リンク)
  • 侍稲葉監督、勝利こだわった積極采配が柳田V弾呼ぶ(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース(外部リンク)
  • 岸「楽しむ余裕なかった」侍初登板は5回途中3失点(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース(外部リンク)
  • 高橋礼、侍サブマリン0封!雑草右腕が存在感「いつも通り真っすぐで押せた」(サンケイスポーツ) – Yahoo!ニュース(外部リンク)
  • 秋山、満塁一掃打 ツーシームを左翼線へガツン「とにかく前に」(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース(外部リンク)
  • 稲葉侍、メジャー最高の“ロケット”モリーナから3盗塁!宣言通りの足攻(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース(外部リンク)
  • 【侍ジャパン】田中広が堅実な守りを披露(スポーツ報知) – Yahoo!ニュース(外部リンク)
スポンサーリンク
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク