日米野球・第6戦「MLBオールスター 1-4 日本」源田”V三塁打”(20181116)

侍ジャパン、日米野球最終戦を勝利で終える!

15日、ナゴヤドームで行われた「日米野球」第6戦は、「MLBオールスター 1-4 日本」で日本・侍ジャパンが勝利した。

スポンサーリンク

試合結果

11月15日(木) MLBオールスター vs. 日本 6回戦 [ナゴヤドーム]

日 040|000|000|  4
M 000|000|010|  1

(日は日本、MはMLBオールスター)

[日米野球最終戦]侍ジャパンは勝利で飾った。2回、源田の3点適時三塁打で先制すると、菊池の犠飛で加点。投げては、先発・笠原が5回途中4安打無失点と好投し、その後を岩貞、佐藤とつないで最後を山崎が締めた。敗れたMLBオールスターは、序盤の4失点が最後まで響いた。

源田「勢いに乗って打つことができました」

2回表無死満塁、源田がライト線へ走者一掃のタイムリースリベースを放つ。

源田は「いい流れで回ってきたので、勢いに乗って打つことができました。先制点を取れて良かったです」とコメントした。

【本日の成績】源田選手
3打数 2安打 3打点 0四死球 0犠打 0盗塁 0本塁打
右3(2回表)、二安(4回表)

「MLBオールスター 0-0 日本」の2回表、3塁に山川(四球)、2塁に森(中安)、1塁に外崎(右安)を走者に置いて、無死満塁から源田がライト線へ走者一掃の先制タイムリースリーベースを放った。その後も菊池がきっちりと仕事をし、センターへ犠牲フライを放って三塁走者の源田を迎え入れた。

関連情報

  • 【動画】【2018日米野球】第6戦ダイジェスト – スポーツナビ「スポーツナビ」(外部リンク)
  • 侍・稲葉監督 秋山と菊池を称賛「先頭に立ってやってくれた」【一問一答】(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース(外部リンク)
  • MLB選抜、マッティングリー監督「大きな当たりがでなかったことが敗因かな」(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース(外部リンク)
  • 侍J笠原 零封 女房役・森に感謝「直球のサインを多めに出してくれた」(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース(外部リンク)
スポンサーリンク
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 その他スポーツブログへ にほんブログ村 その他日記ブログへ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク